東京パーソナルナビ

予算が足りない!大学生でも通えるパーソナルトレーニング

安い

パーソナルトレーニングと言えば、金額が高くなかなか手が出しにくいですよね。

社会人の方でも、金銭的な問題もありフィットネスジムやスポーツジムを選んでいる方がほとんどです。

大学生ならなおさら難しいですよね。

「アルバイトで稼いだお金が全てジム費用になってしまう・・・。」

こんな悲しいことはないです。

今回は、予算を抑えて利用できるパーソナルトレーニングジムを紹介いたします。

パーソナルトレーニングで予算を抑えるならこのジム

パーソナルジムの料金を調査したところ、一番おすすめなジムは『パーソナルジムGAIN』になります。

その理由をお伝えしていきます。
※記事内の金額は全て税込価格になります。

なぜパーソナルジムGAINがいいのか?

まず今回のテーマでもある料金に関してですが、パーソナルジムGAINのスタンダードプラン(月8回のセッション1セット60分)が89,980円と入会金22,000円で合計111,980円になります。

「そんなに安くないじゃん?」と思われるかもしれませんが、もっとお得にできる方法をご紹介します。

ペアで入会すると、金額が更に抑えられます。

ペアで入会した場合、スタンダードプラン(月8回のセッション1セット60分)63,800円と入会金15,400円で合計79,200円になります。

※ペアで入会した場合の1人あたりの費用

1人で入会するよりも2人で入会すれば1人当たり32,780円もお得に入会できる計算になるんですよ!

月8回セッションし10万円を大きく切る価格は他のパーソナルジムではほとんどないと思います。

こんなお得なジムはパーソナルジムGAINだけではないでしょうか。

パーソナルジムGAINのサービスが充実している

「低価格で利用できるならサービスが悪いんじゃないの?」

いえいえ、そんなことはありません。

パーソナルジムGAINの充実しているサービスをご紹介します。

24時間無料開放のプライベートジム

パーソナルジムではめずらしいサービスになります。

75平米の広大な1フロアを貸切って使うことができます。

このフロアでは、トレーナーが付かないためセルフトレーニングとなります。

入会者の他に2人まで同伴可能になっているため、家族や恋人、友達と利用することができ、仲間と楽しくワークアウトができる点は素晴らしいサービスと言えるでしょう。

1日で最大120分利用可能となっています。

予約が必要になりますが、回数制限がないので何回でも利用可能です。

また、Wi-Fiも完備しているため好きな音楽を流しながらトレーニングができる点も魅力ですよ。

トレーニング環境が充実している

パーソナルジムと言えば、マンションの一室で行っているところも多くある中で、広々としたした空間でトレーニングができます。

狭い空間だと、トレーニングに必要な器具やマシ―ンが限られてしまいますが、パーソナルジムGAINでは圧倒的な数の器具やマシンが豊富にあり、様々な部位を細かく鍛えることができます。

現役のボディビル選手がトレーナー

パーソナルジムGAINには現役のボディビル選手のトレーナーが在籍しているため、より専門的な知識で的確なトレーニングメニューを考案してくれます。

代表を務めている上地裕作さんにおいては、『女性の美しい身体』『男性のかっこいい身体』を20年間研究しています。

トレーニング環境もトレーナーも超一流なんです。

まとめ

予算を抑えて利用できるパーソナルトレーニングジムについてご紹介してきました。

結論としては、パーソナルジムGAINがコスパ最高です。

価格・環境・トレーナーの質どれを見ても最高なサービスと言えるでしょう。

最後に、もっとお得に使う方法をご紹介します。

プライベートジムを非会員の方と利用するなら、少しだけ費用を払ってもらうことで更にお得に利用することができます。

1つの案としてご提案でした。

パーソナルジムGAIN公式サイト

関連記事

  1. 新宿の安いジム

    都度支払いOK!新宿区で料金が安くて通いやすいパーソナルトレーニングジム

  2. これは激安!東京にある激安パーソナルジムはこちら

  3. 渋谷の女性ジム

    女性におすすめ!渋谷駅から徒歩10分以内のパーソナルトレーニングジム4選

  4. force

    女性に最適!大田区で手ぶらで通える激安おすすめパーソナルトレーニングジムを紹介

  5. 女性ジム

    女性トレーナーだけのジムも!新宿の女性専用パーソナルトレーニングジム3選

  6. パーソナルジムの風景

    神楽坂エリアの大手パーソナルジム3選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。