東京パーソナルナビ

パーソナルトレーニングにデメリットはある?

デメリット

パーソナルトレーニングが気になっている。

「でもデメリットて何だろう?」

パーソナルトレーニングを受けてみたい気持ちがある一方で、デメリットも気になりますよね。

今回は、パーソナルトレーニングのデメリットについてご紹介いたします。

パーソナルトレーニングのデメリットについて

パーソナルトレーニングが初めての人にとっては、デメリットを知ったうえでレッスン受けたいですよね。

デメリットがわかれば、パーソナルトレーニングに申込む判断材料にもなります。

デメリットについて詳しく見ていきましょう。

料金が比較的に高い

パーソナルトレーニングは、プロのトレーナーと一対一でコーチングを受けれるためスポーツジムよりも料金が高く設定されています。

ジムによっても異なりますが、大体平均1~2ヶ月間で10~15万円が相場となっています。

この金額を聞いて、高いと感じる方がほとんどではないでしょうか。

パーソナルトレーニングが高いと感じる理由としては、スポーツジムの料金設定が月5,000~10,000円程度で通えることが関係しています。

スポーツジムの場合は安く入会できる分、自分でトレーニングメニュー考える必要があり、初心者の方にとってはハードルが高く挫折をしやすい特徴があります。

一方パーソナルトレーニングでは、トレーニングメニューから食事の提案など様々なサポートをしています。

挫折しにくく『早く・確実』に結果を出したいのであれば、パーソナルトレーニングの料金は決して高くないと言えるでしょう。

トレーニングがつらいと感じる

初めてパーソナルトレーニングを行った場合に『つらい』と感じる場合があります。

パーソナルトレーニングは一対一でトレーナーと二人三脚で行っていきますので、つらいと感じるのであれば、トレーナーに相談することもできます。

ハードなトレーニングだけでなく痩せやすい体を作るために欠かせない、柔軟性を上げるためのストレッチ指導を行っているところもありますよ。

トレーナーとの相性が合わない可能性がある

パーソナルトレーニングは完全個室で行えることがメリットになります。

しかし、トレーナーが合わない可能性も否定はできません。

「せっかく高いお金を出したのに、無駄になってしまった・・・。」

こんなふうにならないためにも、パーソナルトレーニングのほとんどが初回のみ限定で『お試し体験』ができるプランを用意しています。

初回プランを利用し、トレーナーの方と合う合わないを判断しても良いでしょう。

パーソナルトレーニングのメリットについて

パーソナルトレーニングのデメリットがわかったところで、ここからはメリットについてお伝えしていきます。

トレーニングメニューを考えてくれる

パーソナルトレーニングのもっともメリットに感じる点としては、トレーニングメニューを考えてくれるところでしょう。

初心者の方でまず初めにつまずくのが、「何をしていいかわからない」という点ではないでしょうか。

そこをプロのトレーナーに任せることで、自分自身に合った最適なトレーニングメニューを提案してくれます。

また、トレーニングだけでなく食事メニューの提案サポートもあるので、目標に早く到達できると言えるでしょう。

挫折しにくい

パーソナルトレーニンングはスポーツジムと違い、挫折をしにくい特徴があります。

スポーツジムではどうしても”孤独感”を感じることがあるかもしれません。

その点パーソナルトレーニングにおいては、トレーナーが一緒になり指導してくれるため、孤独感を感じることはありません。

そして、パーソナルトレーニングは完全予約制になりますので、事前に予約をすることで、「行かないといけない」という強制力が働きます。

スポーツジムでは、サボりがちになってしまうトレーニングをパーソナルトレーニングでは続けることができるはずです。

まとめ

パーソナルトレーニングのデメリットについてお伝えしてきました。

初めての方は「料金が高い」と感じてしまう方が多いと思いますが、目標を到達するうえで、パーソナルトレーニングを行うことは近道と言えます。

特にこういった人におすすめできます。

  • スポーツジムで挫折してしまった
  • 運動をまったくしたことがない
  • 早く結果を出したい

上記の人にはパーソナルトレーニングをぜひ試していただきたいサービスとなります。

関連記事

  1. 動くとリスクは発生する怪我!パーソナルトレーニングで気を付けたいこと

  2. 怪我

    パーソナルトレーニングで怪我した時は保険は適用されるのか?

  3. 仕事帰り

    仕事帰りなら手ぶらがいい!レンタルできるパーソナルトレーニング

  4. 相性

    パーソナルトレーニングではトレーナーとのマッチングは重要?

  5. 冬にやるべきトレーニングとは?ライバルと差をつけるために!

  6. 筋トレで筋肉がつかない場合はパーソナルトレーニングを検討しよう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。