東京パーソナルナビ

パーソナルトレーニングはジム併用がいい?

パーソナルジムに入会したら、早く結果を得たいという気持ちから、ジムとの併用を検討する方もいるかと思います。

今回は、「パーソナルジムと、それ以外のスポーツジムやフィットジムとの違いは?」、「ジム併用のメリット・デメリットは?」といったお悩みに対してお応えしていきます。

パーソナルトレーニングとジムの違い

パーソナルトレーニングは個人のレベルに合わせた指導を、プロトレーナーから直接受けられることや、食事指導や目標管理などフィジカル以外のサポートもあるため、結果を得るには最も効率的なトレーニング方法といえます。

スポーツジムやフィットネスジムはパーソナルトレーニングに比べると費用は安価ですが、周囲の目が気になることや、混雑しているとマシンが使えなかったり、トレーナーからのサポートがしっかりと受けられなかったりします。

そのような理由から、以下のような方はパーソナルトレーニングに向いているといえます。

  • 初めてで続けられるか不安な方
  • 短期間で目的を達成したい方
  • 自分に厳しくすることができない方
  • 過去に挫折した経験のある方
  • 正しい運動の知識を身に付けたい方

逆に自分のペースでトレーニングを行いたい方や、マシンだけでなくプールやスタジオレッスンも利用したいという方はスポーツジムやフィットネスジムが向いているでしょう。

そうした違いを理解したうえで、次にジム併用のメリット・デメリットをお話しさせて頂きます。

併用する場合のメリット

ボディメイクに理想的な習慣が得られる

ボディメイクにおける理想的なトレーニングのサイクルは、週4日トレーニング、週3日休息といわれてます。

では、週4日のパーソナルトレーニングを受ければ良いのか?と言うわけではなく、最初は無理なく続けられるペースとして、週1〜2日のプランを選択される方が多いようです。

そして、残りの2〜3日はセルフトレーニングとしてジムを併用し、週4日のトレーニングにアップデートできることも、ジム併用のメリットといえます。

自分のペースで続けることができる

パーソナルトレーニングを始めた直後は、まだ身体が慣れていないため疲労が溜まって抜けなくなったり、モチベーションが維持できなくなる可能性があります。

ジムとの併用であれば、「今週は調子が良いから週2回はセルフトレーニングをしよう」、「今週は体調が良くないからセルフトレーニングを週1回に減らそう」といった、自分のペースで調整できることがメリットになります。

金銭的な負担を減らせる

パーソナルトレーニングを週4日で続けると、金銭的な負担も大きくなってしまいます。

ジム併用であれば、そういった不安でトレーニングの回数を減らさなくても済みます。

中には、セルフトレーニング用の会員限定のプライベートジムを併設しているパーソナルジムもあるため、費用を抑えたい方はそういったパーソナルジムを探してみると良いでしょう。

併用する場合のデメリット

ジムに通えず費用が無駄になる

ジム併用のデメリットは、ジムに入会したにも関わらず、時間がなくて全く通えず費用が無駄になってしまうというケースでしょう。

ジムによってはビジター会員という都度料金を支払うプランもありますので、まずはビジター会員からスタートし、パーソナルトレーニングとジム併用が続けられそうか試してみると良いでしょう。

オーバーワークで身体に不調をきたす

意気込んで毎日ジムに通い、自分の体力や筋力以上のトレーニングをしてしまったり、自己流のトレーニングで身体に無理な負担を掛けてしまうこともあるかと思います。

そういったオーバーワークで身体が不調とならないよう、適切なマシンの使い方や、休息のタイミングなどをパーソナルジムから指導を受けるようにして下さい。

まとめ

パーソナルトレーニングとジムの併用によって、ボディメイクの効果がより高まるということをご理解いただけたかと思います。

しかし、最初から飛ばし過ぎて、自身の体力や筋力に見合わないトレーニング量とならないよう、パーソナルトレーナーからアドバイスを受け、徐々に強度や頻度を増やしていきましょう。

関連記事

  1. パーソナルトレーニングで結果はでる?効果とは

  2. デメリット

    パーソナルトレーニングにデメリットはある?

  3. 整体も受けられるパーソナルトレーニングジム

  4. 出会い

    パーソナルトレーニングで出会いはある?

  5. どれぐらい痩せる

    パーソナルトレーニングを続けるとどれくらい痩せることができる?

  6. 動画トレーニング

    パーソナルトレーニングの動画は効果ある?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。