東京パーソナルナビ

パーソナルトレーニングの後はすぐにプロテインを飲むべきか?

パーソナルトレーニングとプロテイン

トレーニングをして筋肉を使った後は、プロテインを飲むといいと言われています。そして、プロテインを摂取するのには「ゴールデンタイム」があるとも言われています。このゴールデンタイムは運動後45分以内と言われており、この時間帯は『筋タンパク質の合成感度が高まる時間』だと言われているのです。

そのため、運動した後にプロテインを飲む方が多いわけなのですが、実は最近の研究結果においては、このゴールデンタイムの概念が変わってきているのです。

そこで今回はプロテイン摂取のゴールデンタイムについての最新の情報とともに、パーソナルトレーニングの後はすぐにプロテインを飲むべきかについてご紹介していきます。

プロテインを摂取するタイミング

食事を朝・昼・夜と3回食べるというように、プロテインにも最適な摂取タイミングがあると言われてきました。

・運動後45分以内
・朝食時
・就寝前

この3つの最適なタイミングについて説明します。

運動後45分以内

まずプロテインを飲む最適なタイミングとして上げられるのが、運動後です。運動後は、筋肉がアミノ酸を通常よりも多く吸収するからであり、筋タンパクの合成感度が高まることが根拠となっています。

人は運動することで筋肉を分解します。トレーニングなど大きな収縮を伴う運動の後では、筋肉はどんどんと分解してしまうので、栄養を補給しなければ筋肉も減ってしまうのです。このタイミングでプロテインを摂取すれば、筋肉はたんぱく質を構成しているアミノ酸を補給しようとします。筋肉での筋タンパクの合成は通常の3倍程度で行われますので、吸収量があがり筋肉合成の進みやすい運動後のプロテイン摂取はおすすめなのです。

朝食時

次に最適なタイミングの2つめは朝食時です。朝食を忙しいからと抜いてしまう方もおられますが、夕食を食べてから睡眠をとると、それだけでも8時間前後は食事から時間があくようになります。そのため、筋肉を合成するためのたんぱく質も体内で欠乏する状態になることから、朝食時にはたんぱく質を摂取できる食品を口にしたいものです。

とはいえ、やはり朝はバタバタするので手の込んだ朝食は作る時間がないということもあろうかと思います。そのような場合は、朝食で摂取できるたんぱく質とプロテインを使って摂取するのがおすすめです。

就寝前

最適なタイミングの3つ目は就寝前です。人は就寝時にも成長ホルモンを分泌しています。成長ホルモンは筋肉を成長させるホルモンであり、就寝前にプロテインを摂取しておけば、このホルモンの活動を促進させる働きがあるのです。

就寝時の筋肉の修復作用を最適化してくれるので、就寝前に摂取するのが最適なタイミングなのです。

パーソナルトレーニング後にはプロテインを摂取しよう

最適なタイミングを説明しましたが、パーソナルトレーニング後はまさに摂取するべきタイミングだといえます。

パーソナルジムでは、料金の中に1回のセッションごとに1杯分のプロテイン提供がサービスになっていたり、自分のプロテインを預かっておいてくれるサービスがついていたりと、プロテインを摂取できる環境を整えてくれているジムもあります。

ただ、2017年の国際スポーツ栄養学会では、「筋タンパクの合成感度の上昇はトレーニング直後から24時間後まで上昇している」という見解が発表されてもいますので、利用しているパーソナルジムにプロテインサービスが無かったとしても、帰宅後などに飲むようにすれば、筋タンパクの合成は進みますので、ぜひ摂取するようにしましょう。

関連記事

  1. 現代人は不健康な人が多い?健康的な食事を改善するためには

  2. 4スタンス理論

    パーソナルトレーニングと4スタンス理論

  3. 頻度

    パーソナルトレーニングの効果的な頻度を解説

  4. パーソナルジムのプログラム

    パーソナルトレーニングのプログラムは?一人一人で違うのかを解説

  5. パーソナルトレーニング効果

    パーソナルトレーニングは効果なし?痩せない・効果が出ない理由と対策

  6. クーリングオフ

    パーソナルトレーニングはクーリングオフの対象外!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。