東京パーソナルナビ

パーソナルトレーニングの卒業後は?

パーソナルトレーニングの期間は3ヶ月〜半年と言われていますが、パーソナルトレーニング卒業後はどうすれば良いのでしょうか?

卒業後にトレーニングを止めてしまうと、リバウンドの危険があったり、トレーニングの仕方を忘れてしまったりと、せっかく築き上げたものを失ってしまう可能性があります。

今回はパーソナルトレーニングを卒業後、多くの人が抱える悩みと、その解決法についてお話します。

パーソナルトレーニング卒業後の悩み

運動や食事制限が続かない

パーソナルトレーニングの卒業後で最も多い悩みは、せっかく習慣化していた運動や食事制限が続かなくなることです。

運動をしなければ基礎代謝はどんどん落ちますし、食事の量も増えればリバウンドしてしまいます。

パーソナルジム入会時はお金を払っていることもありモチベーションが維持できる、トレーナーからの熱い応援があって頑張れたという方も多いようです。

トレーニングの仕方を忘れてしまう

パーソナルトレーナーの言われるがまま必死でトレーニングしていたため、マシンの使い方を覚えていなかったり、トレーナーから教えて貰った知識を忘れてしまうことがあるようです。

短期集中で期間限定だから頑張れたという人の中には、パーソナルトレーニング卒業後は目標達成に満足してトレーニングを止めてしまい、元の生活に戻ってしまうこともあるようです。

卒業後もモチベーションを保つ方法

毎日鏡の前に立つ

パーソナルトレーニングを卒業した直後は、肉体的に人生で最も輝いている状態ですので、毎日築き上げた身体を見て、やりとげた自分の意志の強さを信じて、体型を維持することを意識しましょう。

また、パーソナルジムに通う前の自分の写真と今の自分を見比べて、当時と今の周囲の反応の違いや、健康的で身軽な身体を実感し、更に高い目標を立てても良いでしょう。

数値管理を意識する

毎日体重計に乗って数値が増えてきたら、運動量を増やしたり、食事を少し絞ったりなど、自分の行動をコントロールすることが重要です。

カロリー計算アプリを活用し、パーソナルトレーナーから教えてもらった食事メニュー、栄養バランス、摂取タイミングなどを日頃から意識して、数値管理していきましょう。

カロリー計算アプリは、カロリーとあわせて体重や運動の記録をつけられる、「あすけん」というアプリが便利です。

スポーツジムに通う

パーソナルトレーニング卒業後も定期的にジムに通う習慣をつけることで、継続してトレーナーからのアドバイスを受けられたり、周りの人からも刺激をもらいモチベーションアップに繋げることができます。

また、お風呂やシャワー付きのジムであれば帰宅したら寝るだけなので、仕事帰りにトレーニングをしても一日の時間を効率よく使えます。

駅近くの民間のスポーツジムは入会費や月謝などお金がかかってしまいますが、市営のスポーツセンターなどで無料もしくはビジター価格でトレーニングできるところもありますので、近くにあるか探してみて下さい。

トレーニング仲間をつくる

一緒にトレーニングできる仲間がいれば、お互いに刺激を受けてモチベーションが向上したり、フォームの確認など補助をし合えると良いですよね。

スポーツジムであれば定期的に行われる親睦会に参加してみたり、いつも同じ時間にトレーニングしている人に声を掛ければ、親睦が深まることもあるかもしれません。

自分から話しかけるのはハードルが高いという方は、ネット掲示板や、TwitterなどのSNSを通じて繋がった仲間と、トレーニングの成果や、食事メニューなどをアップしてお互いに報告し合いましょう。

誰かに見てもらえることで、モチベーションが上がりますし、続けなくてはならないという使命感で継続できることもメリットです。

まとめ

パーソナルトレーニング卒業後も定期的なトレーニングや、量や質を意識した食生活を継続することが大切です。

既にリバウンドしてしまった方でも、一度は目標達成した意志の強さを持っているため、今から再開しても遅くはありません。

この記事でご紹介したモチベーションを保つ方法を参考にして、いつまでも健康的で魅力的な身体でいて下さいね。

関連記事

  1. パーソナルトレーニングのボディメイクは即効性はある?痩せたい方の目標の立て方

  2. 年齢層

    年齢層別パーソナルトレーニング活用の状況

  3. パーソナルトレーニングはジム併用がいい?

  4. 男性がパーソナルトレーニングを行った場合の2ヶ月効果は?

  5. ボクシング選手もトレーナーをするパーソナルジム

  6. 相性

    パーソナルトレーニングではトレーナーとのマッチングは重要?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。