東京パーソナルナビ

パーソナルトレーニングで出会いはある?

出会い

パーソナルトレーニングと言えば、完全個室でプロのトレーナーと2人きりになれる空間です。

中には、トレーナーを目的に通う人もいるようですが、果たしてパーソナルトレーニングで出会いあるのでしょうか?

今回は、パーソナルトレーニングで出会いがあるのか?について解説をしていきます。

パーソナルトレーニングで出会いはある?

パーソナルトレーニングは出会いがあるのかについて、結論から申し上げると、可能性はゼロではありません。

パーソナルトレーニングは個人指導になるため、2人の距離がグッと縮まります。

そのため、お互い好意を持つこともあり、特に指導してもらっている側はトレーナーに思いを寄せることが多いようです。

もちろん逆の場合もありますが、お客様と関係を持ってしまうことで自分自身の評判だけでなく、『最悪の場合ジムの評判も落ちる』といったリスクを伴います。

そのようなことから、パーソナルジムによってはトレーナーの契約上、恋愛がNGとされているところも少なくありません。

パーソナルトレーニングで勘違いに気を付ける

目的が何にせよ、パーソナルトレーニングで出会いを求めることは決して悪いことではないです。

しかし、指導しているプロのトレーナーの行動を勘違いしてはいけません。

勘違いしないために気を付けることをお伝えします。

笑顔

トレーナーの方は仕事上、笑顔で対応してくれます。

トレーニング中、疲れていてヘトヘトの時に笑顔で対応されたら、好意を抱いても不思議ではありません。

トレーナーの方が好みのタイプだったら尚更ですよね。

ですが、これはパーソナルジムの方針で『笑顔でお客様と接する』という決まりがあるジムが多いようです。

プロのトレーナーは笑顔を、平等に振舞っているので気をつけましょう。

ボディタッチ

パーソナルトレーニングでは、トレーナーとお客様との距離が通常のスポーツジムよりも接近する場合があります。

トレーニング指導中は、どうしても仕方のない事ですが、ボディタッチをされて勘違いしないようにしましょう。

そこはトレーニングの一環として考えておくようにしてください。

目が合う

パーソナルトレーニングでは、2人だけの空間になります。

したがって、目が合うことは必然的と言えるでしょう。

「今見つめられた」「何度も目が合う」こんな風に思ったとしても、その空間には2人しかいません。

逆に言えば、目が合わない事の方がおかしいですよね。

ここも勘違いしないように気をつけましょう。

パーソナルトレーニングで出会いから発展するには?

パーソナルトレーニングで、出会いから発展するコツをお伝えします。

仲良くなる

パーソナルトレーニングでは通常のスポーツジムと異なり、『顔や名前を覚えてもらえない』ということはまずないでしょう。

そこでトレーナーと仲良くなるには休憩時間などを利用し、積極的に会話をすることで親密になれる場合があります。

いきなりはハードルが高いですが、何回もパーソナルトレーニングに通っているうちに少しずつ親密になるかもしれません。

連絡を交換する

トレーナーの方は、お客様と連絡先の交換を禁止されていることがほとんどです。

しかし、ルールがあまり厳しくないジムにおいては連絡先を交換できる可能性もあります。

この時に、少しでも脈があれば交換してくれるかもしれません。

ですが、「規則で連絡先は教えられないんです」と言われた場合には脈がないと思っていいでしょう。

また、直接連絡先を聞きにくい場合は、手紙に自分の連絡先を書き「あとで連絡ください」と渡す手段もあります。

連絡があれば脈ありです。

まとめ

パーソナルトレーニングで出会いはあるのか?について、解説をしてきました。

結論としては、可能性は低いですがゼロではありません。

パーソナルジムのほとんどでは、お客様とのお付き合いを禁止しており、難しい場合がほとんどだと思います。

それでも好きな異性の方と出会ってしまった場合には、ジムを解約してからのお付き合いが必須になるでしょう。

関連記事

  1. 4スタンス理論

    パーソナルトレーニングと4スタンス理論

  2. パーソナルトレーニングは高い?コスパで見るパーソナルジム

  3. パーソナルジムのプログラム

    パーソナルトレーニングのプログラムは?一人一人で違うのかを解説

  4. パーソナルトレーニングのブライダルメニューはキツイ?短期集中コースのメリット・デメリット

  5. 本で勉強

    パーソナルトレーニングの内容を本で勉強することはできる?

  6. 東京のパーソナルトレーニングでクーポンを利用する方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。