東京パーソナルナビ

冬にやるべきトレーニングとは?ライバルと差をつけるために!

冬のトレーニングはなにをすべきか疑問に思っている人は多いと思います。寒くて体を動かしたくない、体調不良になりたくないなど、悩みを持つ人がいるかもしれません。

スポーツをしている人なら、試合や大会に勝つためにも季節問わずトレーニングしているはずです。

本記事では、冬のトレーニングにする内容やメリット、注意点など詳しくご紹介します。

冬のトレーニングはなにをすべきか

冬のトレーニングは雪や寒さが心配され、トレーニングする際悩む人がいるでしょう。実は冬のシーズンでも問題なく行えるトレーニングは以下になります。

ウエイトトレーニング

ウエイトトレーニングは室内でもできるトレーニングです。このトレーニングは筋力アップをメインに行います。例えば、重りを持って筋肉に負荷をかけ、身体を成長させます。

基本的にはフリーウエイトとマシンを使った内容です。フリーウエイトは、 ダンベルやバーベルなど、フリーに動かせるよう重りを使います。また、マシンは重りが固定された機器を使います。特定の筋肉を鍛えることが魅力です。

注意点は、正しい姿勢で行うことです。姿勢が改善され、身体のバランスをよくするためにも間違ったやり方でやらないようにすることが大切です。

ランニング

ランニングは、スポーツの基本です。スタミナや持久力を高めるのに、ランニングは最適なトレーニングです。冬でも、しっかりと持久力やスタミナをつけておけば、暑い夏に負けない体力が身につきます。その意味でも、基礎体力を作っておくことをおすすめします。

食事トレーニング

スポーツや身体をすれば筋力のエネルギーをたくさん使い、身体のエネルギーも大きく消費されます。体型を維持するためにも、しっかりと「炭水化物」を取得しましょう。炭水化物は、身体を動かすエネルギーです。筋力量を減り、細い身体になるのを防ぐためにも、適切な食事、遠くに炭水化物はきちんと摂取しましょう。

冬にトレーニングするメリット

冬にトレーニングするメリットをご紹介します。

メンタルの強化

冬にトレーニングをすれば、メンタルが強化されます。寒い環境でのトレーニングは、負荷がかかりやすくレジリエンスやグリッドが鍛えられます。粘る力や立ち上がるスキルは、スポーツの試合で大切なスキルです。試合を有利にするためにも、しっかりとメンタルを鍛えておきましょう。

身体の適応能力が強化される

人間の体は、気温が28.5度を下回れば、自分の対応を維持するためエネルギーが必要になると言われています。万が一、エネルギーが不足していれば、パフォーマンスが落ちてしまいます。試合中、よくないパフォーマンスになれば効果は発揮できません。

こうした出来事を事前に防ぐためにも、寒い環境でトレーニングを行うことをおすすめします。地道に努力すれば、寒い環境でも身体が適応できるようになるはずです。

冬のトレーニングする際の注意点

冬のトレーニングする際の注意点は以下の通りです。

トレーニング前はしっかりとストレッチをする

冬は気温が低いため、筋肉が硬直しやすいと言えます。

トレーニングする前は、しっかりと筋肉をほぐしてから行うようにしましょう。

ストレッチで筋肉を伸ばし、肉離れなどのけがを防ぎましょう。

適度に水分を摂取する

寒い冬でも水分はしっかりと摂取しましょう。運動することで、水分はなくなります。なので、身体をきちんと管理するためにも、きちんと水分補給しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、冬のトレーニングにする内容やメリット、注意点など詳しくご紹介しました。

冬のトレーニングは、ウエイトトレーニングや走り込み、食事トレーニングなどがあります。

こうしたトレーニングを冬に行うことでメンタルが鍛えられ、寒さに順応しやすい身体も作れます。

ライバルと差をつけるためにも、寒い冬こそトレーニングをすれば差別化できますので、ぜひ取り組んでみてください。

関連記事

  1. 本で勉強

    パーソナルトレーニングの内容を本で勉強することはできる?

  2. パーソナルトレーニングはジム併用がいい?

  3. 男性がパーソナルトレーニングを利用する場合男性向け女性トレーナーはやりやすい?

  4. パーソナルトレーニングは高い?コスパで見るパーソナルジム

  5. 本当に痩せられるのか

    パーソナルトレーニングでのビフォーアフターは本物?しっかり痩せられるメソッド

  6. どれぐらい痩せる

    パーソナルトレーニングを続けるとどれくらい痩せることができる?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。