東京パーソナルナビ

これは激安!東京にある激安パーソナルジムはこちら

東京で活動している激安のパーソナルジムについて解説をしていきます。

そのうえで、なぜ激安でパーソナルジムを経営してトレーニングを提供できるのかという点についても解説をしていきます。

通常のジムの価格とどの程度違うかについて比較しながらサービスの違いについても解説をしていきますので、激安のパーソナルジムについてはサービス内容が通常のジムと異なるかもしれないということを前提に解説をしていきますのでご了承願います。

東京で激安のパーソナルジムはエクササイズコーチがある

東京で激安と言えるパーソナルジムについては、1か月で8回利用して3万2千円という金額でトレーニングを可能としているエクササイズコーチがあります。

この金額は一回当たりのトレーニング料金に変換した場合、一回当たり4000円です。この金額は東京エリアでは激安の部類に入るトレーニング料金です。ただし、問題としては通常のパーソナルトレーニングでは、60分という時間を一回当たりのトレーニング料金として徴収するジムが多い中20分間という時間で4000円という金額を払うため、トレーニング時間で言うとお得かどうかについては微妙です。

ただ、トレーニングウェアなどの貸し出しなどのサービスがあり何も持っていく必要性が無いジムであるということを考えた場合、気軽に通えるジムであるという評価は高く、シャワー室はない物も汗拭きシートなどを完備するなど利用者に対する配慮も一応あります。が、やはり汗を流してきれいな体で帰るということを鑑みた場合、お値段が安い分シャワー室が無いということで減点評価をする方もいます。

visiongym personal studioも激安のジムである

visiongym personal studioというジムも実は東京のエリアにおいては激安のパーソナルジムです。このジムは、利用料が1か月8回で5万円ですから、一回当たりの利用料は6200円当たりになります。

一回当たり4500円とかのジムと比較した場合、高い金額になりますが、利点もあります。まず、最新のEWSという電気信号により筋肉を刺激して効率的にトレーニングを行うことで短時間で筋肉をつけるという最先端のトレーニングが可能である点と、シャワー室の利用などが可能で、体を清潔に保ったうえで帰ることができるという利点があります。

値段が格段に安いジムの場合、シャワー室を完備していないことが多いため、汗を流して帰ることができないというデメリットが多いです。

そして、ジムの運動器具の効率化が難しいという意見もあり、こちらのジムでは電気信号で効率化を図ることで短時間で集中トレーニングを可能としています。

見出し:ビーストイックも激安に入るジムである

ビーストイックの場合、2かげつで14万円の金額であるということを考えたうえで、割り算をしてまず一か月あたり7万円の金額になります。

そこから一回当たりのトレーニング料金を算出しますので7万円を8回で割りますと8750円が一回当たりのトレーニング料金です。これは超格安な料金と比較した場合、4000円ですから2倍の料金になりますが、まだ、格安であると言えます。

なぜなら、このジムのトレーニング時間は50分になるので時間量で考えた場合まだお得です。さらに言えば、このジムは、各種アメニティがそろっている点が強みで針灸などを受けることも可能ですし、シャワー室なども完備されていますので利用においては各種施設のサービスを有効活用した場合お得です。

特にシャワー室などは汗を流して帰宅したい場合必須ですから、あまりに激安すぎるジムにおいては付属していない施設になります。

まとめ

東京エリアで激安と言えるジムの最低価格については4000円が最低ラインでしょう。

そのうえで、最低ラインの価格帯にあるジムは、アメニティというサービスがあまり望ましくないサービスであることが多くシャワー室などが使用できないという問題があります。

よって、最低でも一回当たりのトレーニングにおいては6000円は一回あたりに支払った方がよりよいアメニティを使用できるでしょう。

関連記事

  1. 男性向け安いパーソナルトレーニングジム

  2. 芸能人の通うジム

    東京のパーソナルジムでは芸能人に会えるかも!彼らが通う理由と利用されるジム5選

  3. tac

    マンツーマン指導!初心者におすすめ杉並区の安いパーソナルトレーニングジムを紹介

  4. 中野区最安値

    独自プラン無料作成!初心者に最適な中野区の安いパーソナルトレーニングジムを紹介

  5. 【2024年最新】大手町の人気パーソナルトレーニングジム7選!

  6. パーソナルトレーニングのブライダルメニューはキツイ?短期集中コースのメリット・デメリット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。